企業法務って何?

基本的に日本の会社のビジネスは、技術に関する特許取得や画期的なビジネスサービスの提供の繰り返しによって支えられてきました。
しかし、その反面企業利益やイメージを守るために法律的にかつ戦略的に業務をスムーズに進めて行かなければなりません。

そのため、大企業などを中心に企業法務と言う業務を進める部署もあって、万が一の業務遂行の障害を回避するために処理を担当させていることもある分けです。
特に色んな技術や権益を持っている大企業にとっては企業法務を担う部門に専門の弁護士を在籍させることも多く、他社などに対する訴訟に発展するとすぐに対応させることもあるでしょう。

企業法務というと訴訟関係の業務ばかりを扱うと思われがちですが、各取引先との業務契約における契約書のチェックをしっかり行って保全に努めるのも企業法務に含まれる大切な業務です。
また、社内規定に掛かる判断やスタッフと会社との紛争などについても会社側の立場に立って業務を進めていくのにも彼らの専門知識が活用されます。

実は最近は経済的な影響もあって、企業間にてM&Aによる買収や事象承継も盛んに行われるようになっています。
各買収予定企業への交渉などで企業法務の担当者が業務を進めることも多くなっていて、現在では外国企業の買収なども珍しくないので英語や中国語など外国語の出来る人材も多く求められるようになっているのです。
特に技術における国際的な競争が激化している現在では、企業法務の重要性がより一層将来的に増して行くでしょう。


○特集
企業法務が必要な時にだけ依頼できる顧問弁護士サービスです・・・顧問弁護士

Copyright © 2014 企業法務の多様な仕事 All Rights Reserved.